×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国民年金の追納制度について

国民(こくみん)年金(ねんきん)保険料(ほけんりょう)は納付(のうふ)期限(きげん)から2年(ねん)を過ぎ(すぎ)てしまうと、もう納める(おさめる)事(こと)が出来(でき)ません。しかし、国民(こくみん)年金(ねんきん)免除(めんじょ)制度(せいど)を受け(うけ)ている期間(きかん)や若年者(じゃくねんしゃ)納付(のうふ)猶予(ゆうよ)期間(きかん)、学生(がくせい)納付(のうふ)特例(とくれい)期間(きかん)については、10年以内(ねんいない)であれば遡っ(さかのぼっ)て納める(おさめる)ことができます。これが国民(こくみん)年金(ねんきん)の追納(ついのう)制度(せいど)です。年金(ねんきん)は25年以上(ねんいじょう)加入(かにゅう)していないともらえませんが、 免除(めんじょ)制度(せいど)や猶予(ゆうよ)制度(せいど)、特例(とくれい)制度(せいど)されている期間(きかん)も、納め(おさめ)ている期間(きかん)として計算(けいさん)されます。免除(めんじょ)や猶予(ゆうよ)期間(きかん)、特例(とくれい)期間(きかん)を承認(しょうにん)された期間(きかん)は将来(しょうらい)、老齢(ろうれい)基礎(きそ)年金(ねんきん)の受給(じゅきゅう)資格(しかく)期間(きかん)として計算(けいさん)されますが、受給(じゅきゅう)する年金額(ねんきんがく)は全額(ぜんがく)保険料(ほけんりょう)を納付(のうふ)した場合(ばあい)より減少(げんしょう)します。そこで、もしゆとりができたときに、追納(ついのう)しておけば受給(じゅきゅう)される年金額(ねんきんがく)は減少(げんしょう)される事(こと)はありません。そのような場合(ばあい)のために設け(もうけ)られた制度(せいど)です。追納(ついのう)できるのは、過去(かこ)10年以内(ねんいない)の保険料(ほけんりょう)の全部(ぜんぶ)または一部(いちぶ)で、一部(いちぶ)を納める(おさめる)場合(ばあい)には古い(ふるい)期間(きかん)から順次(じゅんじ)納める(おさめる)ことになります。しかし、注意(ちゅうい)する必要(ひつよう)があるのは、追納(ついのう)する場合(ばあい)の保険料(ほけんりょう)には、免除(めんじょ)を受け(うけ)た時(とき)の保険料(ほけんりょう)に一定(いってい)の率(りつ)を乗じ(じょうじ)て算出(さんしゅつ)された額(ひたい)が加算(かさん)されてしまいます。(ただし、免除(めんじょ)を受け(うけ)た年度(ねんど)の翌々(よくよく)年度(ねんど)以内(いない)に追納(ついのう)するときには、加算(かさん)されません。)場合(ばあい)によっては、追納(ついのう)しない方(かた)が得をする(とくをする)というケースもでてきます。そのため、運用(うんよう)環境(かんきょう)の利率(りりつ)の設定(せってい)や、何歳(なんさい)まで生き(いき)られるか、何年分(なんねんぶん)の保険料(ほけんりょう)を追納(ついのう)するか等(など)の条件(じょうけん)によって結論(けつろん)がかわるので、個々(ここ)の事例(じれい)に合わせ(あわせ)て、シミュレーションをしてみる必要(ひつよう)があります。ニキビの治療のための薬は、軟膏やクリームなど、直接患部に塗るタイプのものだけでなくて、飲み薬もあります。

国民年金

国民年金保険料は納付期限から2年を過ぎてしまうと、もう納める事が出来ません。

国民年金