×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国民年金と厚生年金の違い

国民(こくみん)年金(ねんきん)の加入(かにゅう)には「第1(だい1)被保険者(ひほけんしゃ)」「第2(だい2)被保険者(ひほけんしゃ)」「第(だい)3被保険者(ひほけんしゃ)」の種類(しゅるい)があることがわかりました。そして、20歳(さい)に達し(たっし)た人(ひと)、すべてが「国民(こくみん)年金(ねんきん)」に加入(かにゅう)しているはずであることもわかりました。では、よく耳(みみ)にする「厚生年金(こうせいねんきん)」とは何(なに)なんでしょう?厚生年金(こうせいねんきん)とは、簡単(かんたん)に言う(いう)と、国民(こくみん)年金(ねんきん)に上乗せ(うわのせ)された分(ぶ)の年金(ねんきん)です。何だか(なんだか)とても複雑(ふくざつ)ですが、「第2(だい2)被保険者(ひほけんしゃ)」は国民(こくみん)年金(ねんきん)分(ぶん)と厚生年金(こうせいねんきん)分(ぶん)の二つ(ふたつ)の年金(ねんきん)保険料(ほけんりょう)を払っ(はらっ)ているのです。そう言っ(そういっ)てしまうと、なんだかサラリーマンは多く(おおく)保険料(ほけんりょう)を支払わ(しはらわ)されて損(そん)なの?と勘違い(かんちがい)しそうですよね。しかし、そうでもなさそうです。と言う(という)のも、厚生年金(こうせいねんきん)は追加(ついか)で保険料(ほけんりょう)を払っ(はらっ)ている分(ぶ)、手厚い(てあつい)補償(ほしょう)がされているようです。厚生年金(こうせいねんきん)に加入(かにゅう)している人(ひと)の配偶者(はいぐうしゃ)(第(だい)3被保険者(ひほけんしゃ))で所得(しょとく)が無い(ない)場合(ばあい)は、20歳(さい)に達し(たっし)た人(ひと)であっても国民(こくみん)年金(ねんきん)の保険料(ほけんりょう)を支払わ(しはらわ)なくても良い(よい)のです。他にも(ほかにも)、障害(しょうがい)を負う(おう)けがをしてしまった場合(ばあい)や、死亡(しぼう)してしまった場合(ばあい)遺族(いぞく)に払わ(はらわ)れる年金(ねんきん)も付加(ふか)されるなどの補償(ほしょう)がそれらです。だったら、サラリーマンで良かっ(よかっ)た!と言う(という)のが本音(ほんね)かもしれませんが、これまた複雑(ふくざつ)で、会社(かいしゃ)であればどこでも厚生年金(こうせいねんきん)に加入(かにゅう)できるかと言え(といえ)ば違い(ちがい)ます。サラリーマンであっても、厚生年金(こうせいねんきん)の適用(てきよう)事業所(じぎょうしょ)にあたいしない会社(かいしゃ)で働い(はたらい)ている場合(ばあい)には、もちろん厚生年金(こうせいねんきん)に加入(かにゅう)できません。就職(しゅうしょく)する前(まえ)に企業(きぎょう)内容(ないよう)に書か(かか)れてあるのを確認(かくにん)しておくといいかもしれませんね。コラーゲンは保湿効果がある成分であるため、肌の真皮にあるコラーゲンが不足すると、シワやたるみの原因になってしまいます。
銀行系消費者金融の代表格は竹中直人のTVCMでよく見かけるモビットでしょうか。

国民年金

国民年金の加入には「第1被保険者」「第2被保険者」「第3被保険者」の種類があることがわかりました。

国民年金